推論チャレンジ(仮称)


人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会が主催するコンテスト「推論チャレンジ(仮称)」に関する情報を提供するページです.

開催概要

 近年のDeep Learningを起爆剤とした人工知能(AI)技術への関心の高まりに伴い, AI技術が普及し様々な社会システムに埋め込まれるようになることが予想されます.
 そのような中にあって,AI技術を安全・安心に社会の中で活用していくためには, システムが正しく動作しているかの検証や品質保証のため,システムが判断に至った理由を説明できる (解釈可能性を有する)AI技術が必須となります.
 このよう背景のもと,人工知能学会セマンティックウェブとオントロジー研究会では, 人工知能技術による推論(推定)に関して,認識の共有と必要な 技術の開発・促進を図ることを目的としたコンテスト「推論チャレンジ(仮称)」を開催します.

開催内容

開催予告の発表資料:推論チャレンジ(仮称)開催予告~解釈可能な人工知能を目指して~(PDF形式)
をご覧ください.

開催スケジュール(予定)

2017/11/25 推論チャレンジ(仮称)開催予告~解釈可能な人工知能を目指して~
第43回セマンティックウェブとオントロジー(SWO)研究会内の特別企画として実施.
[発表資料(PDF形式)]
2017/12/19 推論チャレンジ(仮称)に向けたスキーマ検討会
本チャレンジで使用するKnowledge Graph構築のためのスキーマ設計について議論する会を実施します.
日時 12/19(火)14:00-17:30(13:30開場)
会場 JST東京本部(サイエンスプラザ)・会議室(B1入札室)[アクセス]
参加対象 推論チャレンジ(仮称)におけるスキーマ検討に関心のある人
2018/01 Knowledge Graphスキーマ設計)検討資料
2018/02 Knowledge Graph構築(完全・不完全)
2018/03 SWO研究会(合宿)にてチャレンジ詳細を検討)
2018/04 Knowledge Graph公開・チャレンジ告知)
(参加者が各自でチャレンジに取り組む)
2018/10 チャレンジ応募〆切
2018/11 授賞式(JIST2018@淡路島での併設イベントを予定)

お問合せ:challenge{AT}knowledge-graph.jp(※{AT}を@に置き換えて下さい)